【必読】ぬい服作りってこんなに楽しいっ!

【ぬい服】切替ショートパンツの型紙と作り方【ダッフィーサイズ】

ダッフィーサイズのショートパンツの型紙と作り方

ダッフィーサイズの切替ショートパンツの作り方と型紙です。

【ダッフィーサイズの切替ショートパンツ】ポイント

男の子のセーラー服にコーディネートしたくて作ったショートパンツです(*^^*)

ショートパンツを履いたダッフィーとジェラトーニ

ウエストベルト風で切替になっています。

リボンを上から縫い付けて、たてにも切替風のラインを入れました。

ショートパンツを履いたダッフィー

トップスを着るとあまり見えませんが、見えないところも凝ると個人的にテンションが上がります…!

(腹チラしたときにいいですよね)

セーラー服を着たダッフィー

セーラー服以外にも、普通のTシャツなどに合わせても◯。

このジェラくん、めっちゃ可愛くないですか、、。

ショートパンツを履いたジェラトーニ

もふもふしっぽもしっかり出ます♡

ショートパンツを履いたジェラトーニ後姿

ちなみに、今回はすべての布端をロックミシンで処理し、市販品みたいなクオリティにしてみました!

ロックがない人は家庭用ミシンのジグザグミシン、裁ち目かがりでも◯。

もちろん、裁ちっぱなしで作ってもいいです(*^^*)

ロックミシン

ボタンはくるみボタンで、柄違いの布で作っています〜!

柄違いでも同じ素材で作ると統一感が出ますね。

ショートパンツと切替ボタン

セーラー服を着たダッフィーとシェリーメイ

切替ショートパンツの他にもセーラー服コーデのアイテムをいろいろ作ってみました♪

フレアギャザースカート、セーラー服のスクエアカラー、マリンキャップです。

ぬいぐるみのセーラー服

シェリーメイサイズのフレアギャザースカートの型紙と作り方【ぬい服】フレアギャザースカートの型紙と作り方【シェリーメイサイズ】 シェリーメイサイズのセーラー服スクエアカラーの型紙と作り方【ぬい服】セーラー服(スクエアカラー)の作り方と型紙【ダッフィー・シェリーメイサイズ】 ダッフィーサイズのマリンキャップの型紙と作り方【ぬい服】マリンキャップの型紙と作り方【ダッフィーサイズ】

無料で型紙配布しているセーラー服もあります。

シェリーメイのセーラー服無料型紙と型紙【シェリーメイサイズ】セーラー服の無料型紙と作り方 【シェリーメイなどに】ぺたんこ靴(上靴・パンプス)の型紙と作り方
ぬいぐるみのサイズ

Sサイズのダッフィー、ジェラトーニに着せています。

ぬいぐるみにはトイスケルトンをいれてカスタムしています。また、購入時期や個体によって少し着用イメージが違うことがあります。

【ダッフィーサイズの切替ショートパンツ】材料

  • TCブロード…112㎝幅を50㎝
  • マジックテープ…2.5㎝×1.0㎝のオスメスセットを1つ
  • ボタン…4つ
  • お好みでたてラインのリボン…20㎝

材料はセーラー服と同じものを使います(^^)

くるみボタンはこれを使いました。

くるみボタン

【ダッフィーサイズの切替ショートパンツ】道具

わたしが使用しているミシンはこれです。10年以上愛用しています(^^)

家庭用ミシンも使ってみたけど、使いやすさ、作品の仕上がりの綺麗さから結局これに落ち着きました。

ぬいぐるみの服だし、家庭用ミシンでも難なくこなせるのでは?と思っていたのですが、小さいパーツだからこそ職業用ミシンの方が融通がきくことも多いですよね。

ぬい服講座で毎回職業用を使っていますが、生地の厚みも楽々縫えて気持ちいい!と生徒さんも驚いています。

ぬいぺ

家庭用より大きくて重いし、お値段が高いので無理強いはできませんが、できるなら職業用ミシンをおすすめしたいm(_ _)m

職業用ミシンのおすすめと選び方【保存版】職業用ミシンはこう選ぶ!職業用ミシンのおすすめと選び方

とはいえ「いきなり職業用なんて買えない!」という方がほとんどかと。

いろいろな視点からミシン選びのコツをかいた記事があるので、こちらも参考にしてください。これを読めば自分にあうミシン選びのポイントがわかるはず٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

初心者おすすめミシン【最新】ミシン初心者におすすめ15選!ミシンの選び方【2022】

今回は布端の処理にロックミシンを使いました。

わたしはこのロックミシンを愛用しています。

ロックミシンについては↓の記事で詳しく解説しています。

ロックミシンのおすすめロックミシンとは?おすすめはこれ!ロックミシンの機能や選び方も解説【2022最新】

【ダッフィーサイズの切替ショートパンツ】型紙

型紙の詳細です。

型紙について

  • 縫い代つき
  • データ販売(ダウンロード形式)

シェリーメイサイズの型紙になります。拡大縮小すれば、他のぬいぐるみも着用できます(^^)

縮小の目安はこちらです。

  • ステラルー、クッキーアン:87%
  • ダッフィー:シェリーメイサイズでOK
  • ジェラトーニ:91%
  • ぬいもーず、ぬいスターサイズ:45~50%

です。

ぬいぐるみは個体差があり、調整が必要なこともあるのでご了承くださいm(_ _)m

型紙はデータでの販売なので、ダウンロードして何度でもお使いいただけます。

型紙購入

型紙のデータはSTORESで販売しています。下のリンクから購入できます。

STORES

【STORES】型紙販売ページ

縫い代つきの型紙になっていて、数字の縫い代が含まれています。切ってそのまま使えます♪

型紙はA4サイズで印刷してください。型紙に3㎝のめもりがついているので、型紙を印刷したら確認してください。3㎝で印刷されていたら実物大になっています。

型紙の販売、コピー、転載について

・型紙の販売、コピー、転載は禁止ですm(_ _)m

・このブログの型紙を使って作った服の販売は、大歓迎です。ただし、トラブルがないように、自己責任でお願いします。

・ネットなどで服を販売するときは、このブログへリンクを貼ってくれると嬉しいです。

・作品を作ったら、ツイッターなどで「@nuinuipe」と入れて、作った作品を紹介していただけると、とても嬉しいです!

みんながどんな服を作ったか見てみたい!

ぬいぺ


【ダッフィーサイズの切替ショートパンツ】作り方

裁断する

布を裁断します。写真は表が上になっています。

いつもは布端の処理をせず裁ちっぱなしですが、、今回はすべてロック始末をしました。市販品のような仕上がりになります(*^^*)

オレンジ色の部分にロックミシンがかかっています。家庭用ミシンのジグザグ縫いや裁ち目かがり縫いでも◯。

もちろん、今までと同じように裁ちっぱなしで作ってもOKです*\(^o^)/*

切替パンツ前後パーツロック始末

ロック始末

パーツを続けて縫うと、時間と糸の節約になります。後で切り離します!

ロック始末

前後の切替は縫う途中でロックミシンをかけるので、まだ何もしなくていいです。

切替パーツ裁断

張りを持たせるため、裏面に全面接着芯を貼ってあります。

切替パーツ裁断

MEMO

型紙には縫い合わせの目印となる印がついています。

赤い印と”わ”の位置に切り込みを入れておくと、作業がやりやすくなるのでおすすめです。

 

詳しくは切り込みの入れ方をご覧ください。

前後のパンツのわきを縫う

中表で合わせ、わきを0.7㎝で縫います。

パンツを中表で縫う

パンツを中表で縫う

アイロンで割り、

パンツを中表で縫う

すそを0.7㎝でアイロンして、

すそをアイロンする

0.5㎝幅でステッチします。ステッチ幅はお好みでよいです(^^)

ステッチする

パンツの股下を縫う

写真のようにパンツを中表で合わせ、0.7㎝で縫います。

パンツを中表で合わせる

パンツを中表で合わせ縫う

アイロンで割ります。

パンツを中表で合わせ縫う

左右のパンツを縫い合わせる

片方のパンツを表に返し、中表になるようにもう一方のパンツの中に入れて、合わせます。

左右のパンツを合わせて縫う

左右のパンツを合わせて縫う

しっぽ穴部分は開けて、0.7㎝で縫います。

しっぽ穴はあけて縫う

パンツを引き出し、

しっぽ穴はあけて縫う

縫い代を割ります。しっぽ穴も同じ幅でアイロンしています。

股下付近はアイロンが入りにくいので、できるところまででOKです(*^^*)

しっぽ穴はあけて縫う

しっぽ穴をステッチする

しっぽ穴を表からステッチします。写真のようにチャコでかいておくとやりやすいです。

角は点を打ってわかりやすくしています。

しっぽ穴をステッチする

しっぽ穴をステッチする

切替布を縫う

切替布の前後を中表で合わせ、0.7㎝で縫います。

ベルトを中表で縫う

ベルトを中表で縫う

アイロンで割り、

ベルトを中表で縫う

もう一つ同じパーツを作り、中表で合わせます。

ベルトを中表で縫う

ベルトを中表で縫う

クリップでとめたところを0.7㎝で縫います。

縫ったら角は三角に、カーブ部分は縫い代を細くカットします。

縫い代を細くカットする

縫い代を割り、表に返すのですが

縫い代をアイロン

片側(裏になる方)の縫い目のきわにステッチをして縫い代を止めると、アイロンがしやすいです。(”コバステッチ”といいます)

裏ベルト側にコバステッチを入れる

裏ベルト側にコバステッチを入れる

端はミシン押さえが入らないので、写真↓のようにできるところまで縫っています。

裏ベルト側にコバステッチを入れる

片側の縫い代が固定されているので、↓のようにアイロンするときが楽です。

慣れるまでテクニックが必要なので、省略してアイロンだけでも大丈夫です(*^^*)

控えアイロン

まわりをお好みの幅でステッチして、(わたしは0.5㎝幅で縫っています)

ベルトにステッチを入れる

あいている側を0.5㎝幅くらいで仮止めします。

仮止め

表を上にして、後ろで1.0㎝重ね、仮止めに重ねて縫います。

ベルトの後ろを重ねる

パンツと切替を合わせる

パンツと切替を中表で合わせます。

ベルトとパンツを合わせて縫う

パンツの後中心の縫い目と切替のステッチが合うように合わせ、

ベルトとパンツを合わせて縫う

前中心とわきもそれぞれとめます。

ベルトとパンツを合わせて縫う

とめたところを0.7㎝ぐるっと縫います。

ベルトとパンツを合わせて縫う

ここでロックミシンをかけ、縫い代を始末します。

ロックミシン

終わりは3㎝ほど重ねています。

ロックミシン

パンツ側をステッチして、縫い代をおさえ、

ステッチ

マジックテープをつけて

マジックテープをつける

ボタンをつけたら完成です!お疲れ様でした(*^^*)

アレンジとして、切替っぽく白いリボンを装飾しました。上下を折り、上からミシンでステッチして縫い付けています。

ボタンは柄違いの布でくるみボタンを作り、つけました。

ダッフィーサイズ切替パンツの完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。