【必読】ぬい服作りってこんなに楽しいっ!

【ブラザーのおすすめ職業用ミシン】ヌーベル470の特徴と機能

ブラザーおすすめ職業用ミシンヌーベル470の特徴と機能

職業用ミシンはいろいろなメーカーから出ているけど、特徴や機能など違いはさまざまです。

そこで今回はブラザーで人気の職業用ミシン「ヌーベル470」についてまとめました。

 

ヌーベル470の特徴や機能をざっとまとめると、こんな感じです。↓↓↓

●【準備が簡単!】嬉しい機能

  • クイック糸通し
  • 下糸クイック
  • 下糸巻き

●作業効率UP!な機能【ミシン操作をサポート】

  • 自動糸切り
  • 針定位置停止
  • ひざ上げレバー

●【超ポイント】仕上がりを決める機能【ブラザー職業用ミシンだけ!】

  • 下針送り
  • 送り歯高さ調節
  • 押え圧調整

 

●【使いやすくて安心安全】その他の機能

  • LEDライト
  • 広くなったボビンケース取出口
  • コンピューター制御による安全設計

…文字だけ見るとたくさんあって、何も考えたくなくなりますね、頭痛くなる。笑

でも、どれもとっても便利な機能や特徴なので、知って損はないです!むしろ知ってほしい!

 

これからわかりやすく、丁寧に説明するのでぜひ見ていってください(*^^*)

ブラザーの職業用ミシンを検討している人の参考になれば嬉しいです♪

ぬいぺ

【ブラザーの職業用ミシン】準備が簡単!嬉しい機能

ミシンで縫うまでの過程で糸を針穴に通したり下糸を出したり、下糸を巻いたり…。糸の準備って面倒ですよね。
ブラザーの職業用ミシンは縫う前の糸の準備を簡単にして、スムーズに縫い始められるようにつくられています(^^)

クイック糸通し

めんどうな針穴への糸通しがレバー操作で簡単になったクイック糸通し機能です。目視で針穴に糸が通らないときに大活躍してくれます。

自動糸通し

画像引用:ミシンジャパン

下糸クイック

縫い始めに下糸を針板上に引きあげなくてよい、お手軽な機能です。初心者の方でも使いやすい!縫い始めから、綺麗に縫うことができます。

下糸クイック

画像引用:ミシンジャパン

下糸巻き

糸巻き装置にボビンと糸をセットして、フットコントローラーを踏み込めば巻けちゃいます。巻き終わるとボビンの回転が自動で止まるオートストップです。

下糸巻きオートストップ

画像引用:ミシンジャパン

【ブラザーの職業用ミシン】作業効率UP!な機能【ミシン操作をサポート】

便利な機能が創作をサポート!

縫い終わったら自動で糸をカットしてくれたり、針の止まる位置を変えられたり、ひざで押えを上げ下げできたり。作業効率が上がる便利機能がいっぱいです。

めんどくさいことはミシンにおまかせっ♪

ぬいぺ

自動糸切り

糸切りボタンを押すだけで、上糸と下糸を同時にカットしてくれます。手でハサミを使わなくてOK。

自動糸切り

画像引用:ミシンジャパン

針定位置停止

針位置ボタンを押すことにより、針の停止位置を上下に変えられます。下停止は角を縫ったり、布の方向を変えるときに便利です(^^)

針停止位置変更ボタン

画像引用:ミシンジャパン

ひざ上げレバー(ニーリフター)

普段押えをあげた場合は7mmまでしか上がりませんが、ひざ上げレバーをセットすることで12mmまでリフトすることができます。厚物縫いや段縫いに便利です。両手があくので手元の細かい作業に集中することができます。

ニーリフター (ひざ上げレバー)

画像引用:ミシンジャパン

わたしも常時使っています。ひざで押えを上げ下げできるの、めちゃくちゃ便利で楽です!

ぬいぺ

【超ポイント】仕上がりを決める機能【ブラザー職業用ミシンだけ!】

職業用ミシンの機能でも、ブラザーにしかないとっておきの機能を3つ紹介します!

下針送り

職業用ミシンの中でもブラザーオリジナルの機能です。縫いずれが起きやすいベルベットやジョーゼットなど、縫いにくい素材に下針を刺すことにより、的確に送ることができます。

押さえを上げると、送り針が自動で下がる安全設計なので怪我をしたり生地が傷つく心配もなし。

下針送り

画像引用:ミシンジャパン

送り歯高さ調節

送り歯調整レバーの切り替えにより、薄地~厚地まで4段階の送り歯の高さ変更ができます。生地の厚さや種類がかいてあるので見やすいです(^^)

送り歯高さ調節

画像引用:ミシンジャパン

押え圧調整

無段階で押さえ圧を調整できます。赤い目盛りをお好みの位置に合わせたらOK。こちらも縫う素材に合わせて調整できるが嬉しいです。

無段階押え圧調節機能

画像引用:ミシンジャパン

以上の特徴から、縫う素材が多様な方は、ヌーベル470が本領発揮してくれると思います。いろいろな生地を扱う人におすすめの職業用ミシンです(*^^*)

【ブラザーの職業用ミシン】その他の機能

ほかにも安心、快適な機能があります。

LEDライト

手元を照らすライトは、LEDを採用。長時間使っても熱くならないので、火傷の心配がありません。目にも優しいです(^^)

広くなったボビンケース取出口

ミシン本体にサイドカバーが付いています。ミシンと一体化しているので楽ちんです。
補助テーブルにもボビンケースの取り出し口がついているので、ボビンの交換、釜のお掃除がやりやすいのがポイント。

コンピューター制御による安全設計

糸がらみなどでミシンがロックした場合、ミシンは自動停止し、赤いランプが4秒間点灯します。その後、異常がなければ自動復帰します。

ミシンを使っていると糸がらみはよくあることで…最悪、針が折れることも。
事前に防いでくれるのはとても嬉しいですね。また、速度を調節するコントローラーに異常が起きると、ミシンは自動停止し、赤いランプがゆっくり点滅します。コントローラーのジャックを抜けば操作可能状態に戻ります。

【ブラザーの職業用ミシン】スピードやサイズ、針の種類は?

ブラザーの職業用ミシンのスピードやサイズ、重さ、針の種類を表にしてみました。

大きさ(幅×高さ×奥行き) 46cm×32cm×19.5cm
重さ 11kg
最高縫い速度 1500針/分
使用針 HAまたはHL針(家庭用ミシン針)

職業用ミシンでまず驚くのが重さじゃないでしょうか?軽いミシンは5kg以下のものもあるので、家庭用ミシンから職業用ミシンに買い替えた方は重さにびっくりします、わたしも「こんなに重いの?」と驚いた一人です(^^)

表の大きさはワイドテーブル身装着時のサイズで、ワイドテーブルを取り付けるとソーイングスペースの幅が58.5㎝と広くなります。大きな布を扱うときに便利!

「最高縫い速度」は1500針/分で、一般的な家庭用ミシンの倍の速さが出せます。ちなみに速度が早ければ速いほど、糸締まりが良くなり、きれいな縫い目になるので…縫製の速さは仕上がりにも影響してくることをぜひ覚えておいてください(*^^*)

 

ミシン針はHAまたはHL、いずれも家庭用ミシン針を使います。

HA針とHL針は何が違うかというと…簡単に言うと強度です。

HL針は工業用のDB針と同じ針幹2段加工をしてあり、 肉眼ではわかりませんが、よく見ると少しだけ太さが変わっています。 構造とコーティングの違いで、家庭用のHA針より強度を増しているため、高速で動く直線ミシンにも耐えられるそう。

つまり強度は、

HL針>HA針

となります。

HLとHA針、どちらも使ったことがありますが、確かにHL針の方が強かったです。針の先が丸くなったり、折れたりしにくかった…!その分お値段は少しお高いのですが、お値段以上の価値はあると実感しました。どちらの針を買おうか迷った人には、ぜひHL針をおすすめしたいです(*^^*)

【ブラザーの職業用ミシン】ヌーベル470と270の違い

ミシン選びで迷い中な人

ヌーベル470と270って何が違うんだろう?

ヌーベルの職業用ミシンには470と270があります。違いを簡単にいうと、値段と機能です。

▼ヌーベル470

▼ヌーベル270

ヌーベル470は9万円前後、ヌーベル270は7万円強なので、約2万円ほど違います。(お値段はお店や時期により変動あり)

2万の差額の価値があるのか?どこにある?と思うかもしれませんが、機能にあります。

ヌーベル470だけ搭載の機能はこちらです。

自動糸切り
針定位置停止
下糸クイック 
クイック糸通し

下針送り
コンピューター制御による安全設計

個人の感想ですが、自動糸切りと針定位置停止はまじでよく使います。ミシンを使うたびに使っています。

下糸クイックやクイック糸通しも便利な機能なのですが、もともとミシンに慣れていたせいもあり、あまり使っていません。糸通しが苦手、ミシン初心者さんにとっては心強い機能だと思います…!

下針送りは縫いずれが起きやすいベルベットやジョーゼットなど、縫いにくい素材に大活躍なので、いろいろな素材を扱うなら470がいいですね。

コンピューター制御による安全設計は糸がらみトラブルを回避してくれるのがありがたいです。

 

ヌーベル470と270の違いと共通の機能をわかりやすく表にしてみました。

  470 270
自動糸切り ×
針定位置停止 ×
下糸クイック ×
下針送り ×
クイック糸通し ×
コンピューター制御による安全設計 ×
送り歯高さ調整
押え圧調整下糸巻き
ひざ上げレバー
LEDライト
広くなったボビンケース取出口

ちなみに、わたしのおすすめはヌーベル470です。職業用ミシンは長く使えるので、作業効率が上がって使いやすくなるなら、2万円高くても十分元が取れる、それ以上の価値があるな。と感じています。

270も使ったことがありますが、自動糸切りがないのは作業効率…ちょっと落ちるな。と感じました。いつも自動糸切り付きの職業用ミシンなので、ボタンを押すだけでカットしてくれて。糸切りはさみを一々持って糸を切る…という作業が面倒くさかったです。

うちの職業用ミシンは購入してから10年以上経ちますが、買ってから一度も修理に出さず、元気に動いてくれています(^^)自動糸切り、針定位置停止機能最高です!

【ブラザーの職業用ミシン】ミシンを置くテーブルって何がいいの?

ミシンテーブル迷ってる人

職業用ミシンを置くテーブルって何がいいの?みんなどんなの使っているんだろう?

職業用ミシンを置くテーブルを迷う人もいるかもしれません。わたしもそうでした。職業用ミシンって重たいし、常時出しっぱなしで置きたいけど場所取るし。。

一応、ヌーベル専用のミシン用机があります。

ただ、高い。4万円前後します。

メリットはミシンで作業するのに程よい高さであること、作業面が広い、段差がなくフラットなどいろいろありますが、10年前学生だったわたしにはお値段的な意味で手が出ませんでした。

わたしが使っているのはこれです↓↓↓

ミシン用のテーブルとイス

イスはホームセンターで1000円くらい!笑

補助テーブル

補助テーブルを置けば、段差も気にならないです。奥行きは40㎝なので、場所を取りません。うちはスペースが限られているので、助かっています(^^)

ちなみに、机は折り畳み式なので、ミシンをしまうときは机も一緒に片付けられます。

お値段も5,000円しないお手軽プライスなので、最初はこういうテーブルで様子を見てもいいじゃないかな?

10年以上ミシンも机も出しっぱなしですが、壊れることなく大活躍中ですよ〜!今も現役で頑張ってくれています(*^^*)

【ブラザーの職業用ミシン】アタッチメント

便利なアタッチメントもいろいろあります。

ヌーベル470、270共通アタッチメント

片押え

ファスナーやパイピングテープを縫い付けるときに便利です。押えの位置を正確に合わせることができるので、きれいに仕上げることができます。

コンシールファスナー押え

コンシールファスナーをぬい付けられるアタッチメントです。

三巻押え

薄地からブロードなどの普通地の布端を3mmの三巻きに仕上げることができます。慣れるまでは少し難しい…!

ヌーベル470のみのアタッチメント

表・裏地ぬい合わせプレート

縫い合わせる部分をしっかり押える表・裏地ぬい合わせプレートを使用すれば、ぬいずれ・横ずれ・パッカリングを防止してくれます。

分割式自由押え(下針送り用押え)

押え自体が前後に分かれていて別々に稼働するので、薄手の生地を綺麗に縫い上げます。普通地の重ね合わせ部分(段部ぬい)にも有効です。

この二つのアタッチメントはヌーベル270は別売りで買って使えるよ!

ぬいぺ

他にも、

  • 曲線キルター
  • オープンファスナー押え
  • ボア押え
  • 段付き押え
  • ウォーキングフット
  • ニードルパンチアタッチメント
  • 薄地専用針板

など別売りで使える便利なアタッチメントがたくさん!(長くなるので説明は省略)

ちなみにわたしはほぼ持っていないけど、ファスナーもボアもギャザーも縫えています。あくまで効率を求めたアタッチメントなので、なくても大丈夫です(^^)

頻繁に使う素材やディティールに適したものがあれば、持っていてもいいかもしれません。

段付き押さえは唯一使っていますが、ステッチが正確に縫えるので便利で重宝しています(*^^*)

【ブラザーの職業用ミシン】ボタンホール

職業用ミシンは直線縫い専用ミシンですが、専用のアタッチメントを使えばボタンホールも開けられます。

わたしも使っています〜!(*^^*)

穴かがり器

ぶっちゃけ取り付けるのはちょっぴり面倒です。慣れるまで時間かかる。(今も慣れていない笑)

だけど、クオリティは別格。きれいなボタンホールができます。はとめ穴とねむり穴がセットになっていました。穴かがりの大きさは、

はとめ穴…1.6、1.8、2.1、2.4cm

ねむり穴…1.0、1.3、1.6、1.8、2.1cm

があります(^^)全9種類

セット販売しているお店もあれば、穴かがり器本体と自分が欲しい種類サイズを組み合わせることもできます。1個1,000円くらいですが、全部あったほうが使いたいときに使えるし、いくらか安いので全部セットで買いました。

「ボタン穴かがり器B-6(TA用)」というのがブラザーのヌーベルに対応した穴かがりアタッチメントです。

この穴かがり器はいろいろなメーカーの職業用ミシンに対応していますが、念の為購入前に「このミシンで使えますか?」とお店の人に確認しておくのがおすすめです(*^^*)

【ブラザーのロックミシンはこれ】布端のかがり縫いはロックミシン

職業用ミシンほしい人

職業用ミシンって直線縫い専用だよね。布端の始末はどうするの?

職業用ミシンは直線縫い専用ミシンなので、家庭用ミシンのようにジグザグ縫い、裁ち目かがりはできません。

布端の始末はロックミシンを使います。

ブラザーのロックミシンはこちら。「ロックミシンかがりIV LOB0201」です。

ネットの口コミを見てみると、総合の評価は高いです。なかには、「糸が絡みやすい」「糸の通し方が複雑」など、気になるレビューも。

お値段は33,000円と、ロックミシンの中ではお手頃価格なので、低価格重視で探している人にはいいかもしれません。

 

一方、他メーカーだけど、ロックミシンで一番人気なのはこちらです。

ベビーロックの衣縫人「BL501」です。準備のしやすさ、縫いやすさ、仕上がりのきれいさでNo.1を獲得しています。

実はわたしも同じロックミシンを使っていて、使い心地が最高です。何より最高なのがエアスルーシステム搭載で、空気圧によって一瞬で糸を通すことができます。

なので、普通はめんどくさい糸掛けが楽々にできちゃいます(*^^*)

 

デメリットを挙げるとしたら、「お値段がお高め」というところでしょうか。安いロックミシンの倍以上します。

でも、長い目で見てロックミシンの出番が多いなら、ぜひおすすめしたいです。準備に手こずると縫う前にやる気がなくなるのがもったいないので…。

わたしも安いロックミシンでいいかな?と考えたこともありましたが、お店の人の話を聞いて悩み。

悩んだ結果、「早く楽しく作業できるなら初期投資しよう!」と購入を決め、今は大満足です。買ってよかった(*^^*)

 

「ロックミシンって必要?」「もっと詳しく知りたい!」人もいると思うので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

ロックミシンのおすすめロックミシンとは?おすすめはこれ!ロックミシンの機能や選び方も解説【2022最新】

 

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

みなさんにとって最高のミシンをお迎えできますように、祈っています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。